// 純米原酒 水ト米 | お酒・キャラクター | 日本酒ものがたり
  • 「純米原酒 水ト米」のShuShu
    松浦 水都(まつうら みと)
    純米原酒 水ト米
    株式会社本家松浦酒造場
    • ◆出身:徳島県鳴門市大麻町
    • ◆年齢:212歳
    • ◆身長:148cm
    • ◆好きな食べ物:パルメジャーノチーズ
  • 純米原酒 水ト米
    株式会社本家松浦酒造場
    • <酒 質>
      やわらか純米酒
    • <原料米>
      国産米
    • <精米歩合>
      65%
    • <アルコール度>
      14.5度
    • <日本酒度>
      -1
    • <酸 度>
      1.3
    • <特 徴>
徳島県
松浦 水都(まつうら みと)

かつて、幻のShuShuと呼ばれた『松浦水都』が再び姿を現したのは江戸末期の事。そもそもは平安から戦国の時を経て活躍していた、水軍松浦党の水の女神と崇め奉られていたのだとか。混乱の時代の中、松浦党の一人の美しい青年と恋に落ちてしまった彼女は、人と契りを交わした唯一のShuShuと噂されている。しかし、戦国時代の人々の攪乱する行いに疑心を持ち、また血を流し合う世に悲しみ、鳴門海峡へと身を隠してしまった。それから200年あまりの年月に、深く蒼い海の底での暮らし、鳴門の渦潮たちとの長い対話を経て、ShuShuとしての存在価値を想い始めた水都は、再び、人間界へと戻ってきたのだった。一筋でピュアな想い、エレガントな姿、そして強い心は、多くの人々やShuShuたちを惹きつけ、日本だけでなく、その存在は海外でも広く知られている。

純米原酒 水ト米
良く冷やしてワイングラスに注いでお召し上がりください。上品な花の香りとやわらかな呑口。米の旨味が全体的に優しい印象の純米酒です。2015年IWC純米酒カテゴリー最高金賞(トップトロフィー)受賞酒を、美味しさを追求して原酒タイプで製造しました。
株式会社本家松浦酒造場

備前の水軍、松浦党の流れを汲み、1600年頃現在の鳴門の地で留まったと家系図が残る。江戸文化元年(1804)二代目松浦直蔵由往が酒造りをはじめて二百余年。現存する酒蔵では県内最古の酒蔵。 明治19年(1886)時の県令、酒井明氏と五代目松浦九平により『鳴門鯛(なるとたい)』と命名される。鳴門海峡の激流を遡る鯛の如く、端麗優美なその姿と、激流にも遡る意志の強さを象徴する。

作家
さんば挿(さんばそう)先生
イラストレーター。
電撃文庫「天鏡のアルデラミン」キャラクター原案、その他TCGイラストレーション等を制作
現在は主にソーシャルゲームのイラストを制作している。
ページトップへ