お酒・キャラクター

ShuShuとは、蔵元、杜氏、日本人の心。この三位一体の想いから生まれ酒に宿る存在。

ShuShu[シュシュ]【酒主・酒種】
1. 酒の主としての象徴的存在
2. 酒の種類、銘柄そのものを顕す存在

古の時代から日本とは切っても切れない関係のある酒。 1000年以上も前には民族の酒として、平安初期からは朝廷の酒として、 そして江戸時代には商人の酒として、現代の酒屋万流の時代へ。 その酒の伝統を守ってきたのは、まさに蔵元、杜氏、そして日本人の心。 それら三位一体の想いや繋がりから生まれるのが、『ShuShu』たち。

その名の通り、酒の主として酒に宿り、精霊的な象徴として物語を紡ぐキャラクターが『ShuShu』。
そして、酒の種として日本酒の銘柄を象徴するアイコンとして『ShuShu』は存在する。

※ShuShuとは酒を具現化し、その姿を表現したもので、実在するか否かは、お酒を嗜む方次第となります。

  • 地域
  • 八策
  • 明利
  • 鶴木 白嶺
  • 千彩
  • 澄
  • 小桜 夢々
  • 高山 妙
  • 奥ノ松 爽和
  • ハクエイ
  • 桜 雫
  • 田酒泉心
  • 松浦 水都
  • 柚莉
  • 春香 鹿音
  • クラーク
  • 渡辺 藤丸
ページトップへ